ジュンイチヒラノ アフリカまでの道

今までの経験から生まれた価値観から、アフリカへの想い、挑戦を熱く更新していきます

人の時代

どうも、機械音痴のジュンイチ ヒラノです

 

 

 

f:id:hirano4649:20181108104100j:image

 

 

これから、

めちゃめちゃ優しい留学生の子にパソコンスクールを開いてもらいます。

 

 

今の時代は誰がどう言っても情報化社会。

 

 

 

どれだけパソコンを自由自在に操れるかの時代ってイメージですよね。

 

 

新しいiPhoneが発売されたら機能も良くわからないけど、みんな買いますよね。

 

ジュンイチヒラノも、そのうちの1人です。

 

 

 

情報化というか、

 

人工知能が今日のテーマです。

 

 

 

突然ですが、

人工知能って情報処理能力が高いイメージあります。

 

人間ではきっと勝てないんだろうと思います。

 

 

囲碁とか将棋でも、

最強の人に勝ったりすると聞いたりしますし。

 

 

 

 

そんな人工知能ですが、

 

驚愕のニュースを見ました。

 

ある市役所の役員30人が8000人の情報を50時間で処理(仕分け)したというものでした。

 

しかし、

その情報処理を人工知能にさせたところ、

 

 

何と、

 

 

数秒で終わったというのです。

 

 

 

 

これを普通だと思いますか??

 

異常だと思いますが??

 

 

 

注目して欲しいのは、行われた場所が市役所という所です。

 

30人分の仕事が人工知能に奪われたという事になります。

 

 

これがテクノロジーの進化なのかと思いました。

 

人が人の良さを活かしていく時代は終わったのか?と疑問に思いました。

 

 

 

 

 

いや、

そんな事はあってはならないと思うのがジュンイチヒラノの価値観です。

 

 

人には人の良さがある。

親切さ、温かさ、思いやり、気遣い、

良いところは沢山あると思うし、

この後の時代で1番世界をよくする可能性のあるものだと思っています。

 

 

でも実際問題人の良さにフォーカスを当てても、

 

日本人は外国人を、

ガイジンと認識してる人が多くいます。

 

 

 

ITや情報時代の前に、

外国人高度人材から見た日本の魅力は、

とても低いなどの問題もあります。

 

スイスの世界最高峰のビジネススクール

IDMによると、

63カ国中51位、アジア最下位です。

 

 

 

そう、変えていかないといけないのは

 

 

 

人の心だと思うのです。

 

変わった1人の人間として、

そう思うのでした。

 

変えていこうと思うのでした。

 

 

2018 11 8