ジュンイチヒラノ アフリカまでの道

今までの経験から生まれた価値観から、アフリカへの想い、挑戦を熱く更新していきます

ソーシャルビジネス

どうも、犬より猫派です。

ジュンイチ ヒラノです。

 

7月も半ばにさしかかってきて、人生20回目の夏を楽しんでおります。

 

Amazonで爆買いもしました。(Amazonデビュー)

 

f:id:hirano4649:20180711022606j:image

アクションカメラ&自撮り棒

 

 

初投稿から1週間経って色んな人にブログ良かったよーって言われて喜んでおります。

今後は週に一回、慣れてきたら二回くらいのペースで投稿しようと思っています。

 

 

今日投稿しようと思ったのは、「ソーシャルビジネス」という横文字に出会ったからです。

 

 

 

ソーシャルビジネスとはなんぞや

 

自然環境、貧困、高齢化社会、その他諸々の社会問題をビジネスを通して解決してこう

というビジネススタイルです。

 

話はチョッとズレて、、、、、

 

僕は今まで海外を旅してて世の中は物差しでは測れないくらい理不尽だな〜って思ってました。

f:id:hirano4649:20180711023627j:image

そう思った代表的な1枚。

この写真は初めて東南アジアのある国に行った時の写真です。

 

 

物凄いスピードで都市開発をしてるにも関わらず、両腕のない物乞いがいる

という矛盾。

 

 

莫大な富が産まれてるはずなのに、果てしない貧困というか、ある種の貧しさを感じた瞬間です。

 

直感的に

 

国全体が頑張ってるんだから、あんたも頑張れ

って思いました。18歳の俺。くそ生意気。

f:id:hirano4649:20180711032705j:image

 

 

今思うと、本当に最低です。

相手の事を理解せずに一方的な押し付けだったからです。

 

きっと、世界中の物乞いは人生の中で様々な背景があってならざるを得ない瞬間があったはずです。

そういう事を考えながら物乞いと接すると世の中って理不尽だと再認識します。

 

 

たまたま今回例に出したのが物乞いなだけであって、貧困問題って世界中に充満しています。

 

僕は思いました。

 

もうちょい世界を良い方向に持ってきたいビジネスで  と。

 

 

でも

 

世界を良い方向に持ってくって漠然としすぎだし、

 

一人じゃ影響力小さいし、

 

具体的に何するの。

 

何も決まってなくてこの数ヶ月、悩んでました。 焦ってました。

 

 

 

そんな悩み続けてた昨日までの自分にとって

 

「ソーシャルビジネス」

 

との出会いはとてつもないものでした。ストンと腑に落ちました。

 

 

という事で、

世界中の全地域、大陸に行くなどどうでも良いと思える何かに出会えるような気がしてきました。

 

このブログ閉鎖の危機です。

 

でも、世界をもっと知りたいし、アフリカ行きたいし。

 

 

まだまだ続きます。

 

 

 

 

 

ソーシャルビジネス興味ある人コールミープリーズです。

 

 

一緒に変えようぜ

 

世界

 

 

ちょっとずつ

 

 

2018 11th July