ジュンイチヒラノ アフリカまでの道

今までの経験から生まれた価値観から、アフリカへの想い、挑戦を熱く更新していきます

脱出

どうも、人生の岐路に立っているジュンイチ ヒラノです。

f:id:hirano4649:20190215225911j:image

 

最近、

ブログの投稿しようか、書いたり消したりを繰り返してました。

 

ここ数週間ブレブレな人生を送っていました。

 

 

 

でも今日参加させて貰ったイベントの最中に意志決定をさせてもらいました。

 

感謝しかありません。

 

 

 

 

 

何にブレブレだったのか、書いていこうと思います。

 

 

去年の夏休みバックパックが終わった後から将来どう生きるか本気で考えていました。

 

 結論。

アフリカで起業して世界良くしたいと本気で思ってました。

 

 

パッションと行動力さえあれば何か起こす事は出来ると当時は思っていました。

 

だから何も考えずに、アフリカプロジェクトを始めました。

 

 

 

 

でも、

「世界を良くする」って何かわからないし

 

「アフリカ」の理由も憧れてたからだったし

 

「起業」の仕方も知らなかった。

 

何なら英語もTOEIC410点のおまけつきです。

 

 

 

でも当時は、俺なら世界を良くする事が出来ると思ってたんです。パッションさえあれば出来ると。

 

 

でも、無理なわけです。

 

 

 

例えて言うなら

富士山登頂するとして、

 

富士山がどこにあるのかわからないし、

 

何を持ってけば良いかわからないし、

 

どうやって登ったら良いかわからないみたいな感じです。

 

家から出たらお先真っ暗な状況です。

 

 

 

 

 

それじゃ実現性無いよねって気づいたのが、去年の秋頃です。

 

そこから、色々考えるようになりました。

 

世界を良くするとは何なのか。

 

アフリカじゃなきゃいけない理由は何なのか。

 

どうやって経営するのか。

 

 

 

で、今です。

 

 

 

去年の夏と比べたら色々わかってきました。

 

 

そして、

知れば知るほど難しそうだと思い始めたし、

知れば知るほど無理だと思い始めたし、

知れば知るほど諦め始めてしまっていた。

 

世界を良くするって何万人もの人が挑戦して、まだ誰もゴールにたどり着いてないし。

 

国連ですら、何かめちゃ色々やってる。

 

 

でも世界は良くならない。

 

 

俺には世界を良くする事なんて無理なんじゃ無いかな。

 

アフリカで起業。瞬殺されそうだと思い初めてしまったんです。

 

それに伴って今まで頑張ってきた活動にも消去的になってしまいました。

 

 

勝手に挫折しそうになってました。

 

 

でも、

今日のイベントで国際協力の最前線で本気で活動してる人の話を聞いて。

 

想いも、実力もある人が

今の活動は何年も続けるのは本当に難しい事だと言っていました。

 

 

でも、

難しいからこそ、その人達にしか出来ない事なんだと思いました。

 

難しいからこそ、俺にしか出来ない事がある。

難しいからこそ、自分が成さねばならない事がある。

 

そう聞こえました。

だからこそ本気だし、本気で世界を良くしたいと意思決定出来ました。

 

いつどんな時も、本気で世界を良くする最善の挑戦を、選択を、思考を。

 

もうブレません。

 

今ある目標は確かに仮なものかもしれない。

正直まだ何も揃ってない。

正直何したら良いかまだ知らない。

 

でも、どこに進むかは決めました。

 

どんなルートであれ、世界が良くなる最高の選択をしていきます。

 

全ての人に感謝です。

肩の力入れすぎじゃないですか?

どうも、3日坊主をかましてしまったジュンイチヒラノです。

 

 

崇高なビジョンを持っていたら、聖人として生きていかないといけないのか。

 

 

真面目そうに生きていたら、はっちゃけてはいけないのか。

 

 

坊さんは酒を飲んではいけないのか。

 

 

チャラ男はどんなにナンパをしても許されるのか。

 

 

 

世の中の曖昧に決まっている色々が、世の中をとても面倒くさくしている気がしている。

 

 

 

坊さんだって嫌なことあったら潰れるほど酒を飲んでも良いと思う。

 

 

神社の息子に生まれたからってへんな宿命背負わなくて良いと思う。

 

 

他人の目を気にして、ストレス抱えたり挑戦できなくなるのおかしい。

 

それが普通になるのおかしい。

 

 

 

この世からストレスが無くなれば良い。

 

 

明日から頑張ろっと。

 

肩の力抜いて行こっと。

人生一回しかないを言語化してみました。

どうも、人生史上最高の春休みを送っているジュンイチヒラノです。

 

春休みって2ヶ月半くらい自由な時間がありますよね。

 

最高です。

 

 

バイトしたり、遊んだり、旅行に出かけたり、

 

求めるものは大体手に入るし、大体できます。

 

 

 

 

だからこそ問いたいです。

 

 

 

今必要なものってなんですか?

 

 

 

 

大学生活って大体の場合一回しかないですよね

 

人生の春休み的なポジションの大学生活で必要な事って何か考えますか??

 

 

でもそれって、必要な事ですか??

 

今している事は何の為にしているか答える事はできますか?

 

その理由は本当に必要な事ですか??

 

 

 

何でこんな事を言いだしたかというと、、、

 

そういう思考を持たないのはめっちゃ危ないだろうと思ったからです。

 

 

 

今を生きるという価値は、本人が思っている以上に価値があるのではないかという事に気付いたからです。

 

 

脱線しますが、

 

したい事があったとします。

でも、出来るかどうか分からないとして、

 

可能性0の状態が0.1になるって事は本当に難しいし、凄い事だと思います。

 

けど、

どうしたら0から抜け出せるだろうと考え始めたら、その時点で0.1になってるはずです。   

 

 

必要なものって何だろうって考え始めたら0.1になってるはずなんですね。

 

 

その時点で、人生一回しかない思考の一歩目を踏んでる訳です。

 

 

そうすると、

今必要な事は何のか本気で考えて行動に移すはずです。

 

 

そして、

その状況を楽しむ事が出来ていたら最高の春休みを送る事が出来るのではないのかなと思いました。  

 

 

なので、ジュンイチヒラノは、

今この瞬間が最高の春休みを送っているなと断言する事が出来ます。

 

 

最高とは、

楽しいとか別にそういう訳では無いです。

 

 

将来達成したいビジョンの可能性を上げまくってるという話なのでした。

 

 

 

2019 0112

サイズ感の話。

どうも、有意義な春休みを楽しんでるジュンイチヒラノです。

 

 

 

ジュンイチ ヒラノがブログをする理由の一つに、死ぬほど記憶力が悪いと理由があります。

 

自分がした事とか、したいなぁと思うこと、学びになった事をずっと覚えとくのも苦手です。

 

マイブームが過ぎると忘れてしまいます。

 

しようと思ってる事は永遠に覚えてますけど、、

 

 

なので、情報をできるだけ出して、

 

色んな人に情報を共有して

ブログ読んだよ!あの話さ!って言って貰えると、

 

再び自分の学びにもなるというブログの宣伝でした。

 

 

今回は将来したい事のサイズ感について書こうと思います。

 

 

小さい物でとんでもなく高い金額のものでみなさん何が思いつきますか??

 

 

ジュンイチヒラノは、

バイオリンが思いついたので、

バイオリンを例に書きたいと思います。

 

 

世界一高いバイオリンっていくらくらいだと思いますか??

 

 

何千万円としそうですよね、、、

 

でも実際は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12億7000万円のバイオリン(ストラディバリウス)

が売れてたことがあるらしいんです。

 

 

 

みなさんが12億7000万円持ってたら何をしたいですか??

 

 

 

 

 

ここで1つ言いたいのはそのバイオリンが売れた。

 

つまり、買った人がいるという事です。

 

 

 

 

もしかしたら、買った人は

12億7000万円は安いと思ったかも知れないし、高いと思ったかもしれませんね。

 

 

 

そのバイオリンを演奏する事によって元を取れるかもしれないし、それ以上になるかもしれない。

 

 

でもジュンイチヒラノが12億7000万円もっていたら、

 

 

 

信じられないくらいでかいバイオリンの形をした建造物建ててみたい、、、(笑)

 

 

 

 

 

 

考えかたは様々です。

 

 

 

 

 

ここからが本題ですが、

何でこんな話をし出したのかというと、

コーヒー農園の広告動画見ながら、コーヒー飲んでたんですね。

 

コーヒーはめっちゃ美味しかったです。

 

 

そのカフェを開くのにいくらかかったかはわからないですが、

 

例として、

12億7000万円の資本金がもし手元にあったとします。

 

 

そのお金で、

カフェを開くか

コーヒー農園開くかだったら

 

ジュンイチヒラノはコーヒー農園営んでみたいと思いました。

 

 

 

 

 

というのも、

広大な土地に木をたくさん植えて沢山の雇用を生んでその地域の経済に少なからずの影響を与えてみたいです。

 

 

カフェだったら経済に影響を与えるのはちょっっと難しそうだなと思いました。

 

 

以上サイズ感の話でした。

 

 

 

 

アフリカでもそういう規模感の事業をしたいのでした。

 

2019 0111

 

 

 

 

 

始まりました、春休み

どうも、大学2年生が終わったジュンイチ ヒラノです。

 

題名にもありますが、

始まりました、春休み

 

ジュンイチ ヒラノは春休みを待ち焦がれてました。

 

やりたい事無限にあるし、

思いっきり遊びたいし、

 

バランスの良い春休みを送りたいものです。

 

そこでですね、春休みの間また毎日ブログを始めようかなーと思います。

 

また日記スタイルみたいな感じですがその日の学びをシェアできたらなぁと思います。

 

アフリカの要素もいい感じに混ぜながら投稿しようと思っています。

 

そんなこんなで、明日から本格的に投稿していきますので引き続きご愛嬌の程よろしくお願いします。

 

2019 0110

何でアフリカなのか。

どうも、呼ばれてないのに飛び出たジュンイチ ヒラノです。

 

いや、まてよ

 

そう言えば、アフリカにハマったキッカケをこのブログに書いたことがない気がする

 

と布団の中で思い、久し振りにブログを開くこととなりました。

 

 

ド阿呆でございます。

 

ということで、

 

f:id:hirano4649:20181219005159j:image

 

何でアフリカにジュンイチヒラノがこんなにも執着しているのか。

 

 

一度も行ったことがなければ、

 

縁や所縁があるわけでもない。

 

 

100%日本人のジュンイチ ヒラノが何でアフリカにハマったのか解明していきましょう!!

 

 

今思えばの話なので当時とは誤差が少なからずありますが、、、

 

 

 

この話はジュンイチヒラノが大学生になった頃です。

 

ヤバイ、今の生活最低にツマラナイ in2017年6月

 

から始まります。

 

ちょっと遠回りをしますが、

 

そもそも

ジュンイチ ヒラノは中学生の頃から大学1年夏まで旅行会社で働きたいという夢がありました。

 

色んな人を色んな所に連れてって皆んな楽しい

 

なんて素敵な職業なんだって思っていました。

 

 

 

なので、大学受験も観光学部だとか観光学科のある大学ばっかり受けました。

 

でも、観光学を学べる大学は少なく倍率も必然的に高くなり見事に惨敗。

 

 

高校卒業の時期から大学の序盤は割とリアル鬱でした。

 

 

でも、

観光学を学べる大学に入り、観光学を学び始めました。

 

遊んだりせず、1年生にして国内旅行業務取扱管理者の国家試験の勉強もしたりしてました。

 

 

そこで知りました観光業界の現状。

 

 

 

OTA(オンライントラベルエージェント)という、エクスペディアとかネットで旅行を組み立てるサービスが今後観光業界のシェアを握っていくという授業を受けました。

 

 

簡単に言うと、旅行代理店の需要が少なくなるということです。

 

 

つまり、JTBやHISなどで一生勤めあげるのは無理だとその時察知しました。

 

そこで、

旅行会社で働きたいという夢にパッションが湧かなくなっていきました。

 

受験失敗した上に、夢を失う。

 

他にもしんどい事は色々ありました。あまりにも重くなるので割愛します。

 

なので、

 

 

2017年の6月頃はマジでしんどかったです。

 

そんな味気ない生活を過ごしていた頃、

 

クレイジージャーニーという番組にハマっていました。

 

※見た事ない方は要チェックです。

 

 

その名の通り、

クレイジーな活動をしてる人に密着取材する番組なのですが、この番組出てくる方は本当に

 

生きるか死ぬか

 

の活動を全力の笑顔でしてて、ジュンイチヒラノを魅了しました。

 

 

そのなかでも、一際クレイジーな方がいました。

 

その人こそジュンイチヒラノの人生を変えてしまった

 

ヨシダ ナギ 

さんです。

 

 

 

 

アフリカの民族をそれはもうメチャかっこよく撮って、アフリカのポジティブな面を伝えてる方で、

 

ジュンイチヒラノにとっては生きる伝説ですね。

 

 

 

それにしても、

 

この人はアフリカに対する思い入れが凄まじいなと感銘を感じて過去の

 

取材や、ブログ、本などを読み漁りました。

 

 

 

そしたら、個性的なバックグラウンドを持ってることが判明していきました。

 

その分心からのアフリカへの憧れを文に残していました。

 

 

 

それらの文を読む前のジュンイチヒラノのアフリカへのイメージはシンプルに危ないヤバイ場所だと思ってました。

 

 

でも、読み終わった後はもう行きたくて行きたくて堪らない!!その思いを爆発させてましたね。

 

 

それ程までに、ヨシダさんの文はジュンイチヒラノの心を突き動かす何かがありました。

 

 

その中でも、ヨシダさんが書いた本

 

「ヨシダ、裸でアフリカをゆく」

 

ジブチ編。『清い物乞いたち』のお話を是非読んで欲しいです。

 

きっと、陽気なジブチ人を求めてジブチに行きたくなるはずです。

 

 

 

この一連の出来事がジュンイチヒラノがアフリカにハマったキッカケです。

 

 

その後、

 

 

堕落した大学生活から一変、海外インターン行きだしたり、バックパックに行きだしたり。

 

 

 

そこでの経験で海外で働きたいと思うようになり、

 

ジュンイチヒラノの人生を変えてくれたアフリカで起業したいと思うようになりました。

 

 

 

 

アフリカはジュンイチヒラノとって原点と言える場所なのです。

 

だから、勝手にアフリカに感謝しているのです。ヨシダナギさんにも。

 

 

 

まだ行ったことないんですけどね。なのでアフリカへの熱も冷める可能性、全然ありえます。

 

そういう時期ありましたし。

 

でも今はっていう話です、

 

アフリカで起業して世界を変えにいく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粋やん。

 

 

 

 

2018 12 19

 

 

最後まで読んで頂き感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行ってみたい国〜アゼルバイジャン〜

どうも、デコピンがめちゃ強いジュンイチヒラノです。

 

 

今日は行ってみたい国編です。

 

ジュンイチヒラノは行ってみたい国がボチボチあります。

 

 

 

その中でも今急上昇してるのがルワンダと、アゼルバイジャンです。

 

 

今日はアゼルバイジャンに興味をもった経緯

 

について紹介したいと思います。

 

 

 

 

皆さんは、外務省の渡航安全ホームページというものを知っていますか??

 

f:id:hirano4649:20181117175509j:image

 

 

 

海外に行く時は要チェックのこのホームページなのですが、

ジュンイチヒラノはこのホームページを見るのが趣味です。

 

 

この安全ホームページは

世界のどこが危なくて、どのくらい危ないのか、そしてその詳細が書いてあります。

 

 

白が安全で、赤になるにつれて危なくなり赤は滞在禁止くらい危ないと結構シンプルで分かりやすいです。

 

 

でも、このホームページは超過保護に書いてあるので全部信じて行くと拍子ぬけしたりもします。

 

 

 

あくまでも、1つの目安くらいです。

 

 

 

そんな中、アフリカ、中東、南米が赤いのは何となく分かりますよね。

 

 

 

それぞれの地域によって危ない理由があって、調べてみるといろいろあります。

 

紛争だったり、貧困による治安の悪化だったり。

 

 

どっかの国では、

地方政府が崩壊した事により刑務所の囚人が全員逃げて一気にオレンジの危なさになったところもあったり。本当にいろいろです。

 

本題のアゼルバイジャンはというと、

f:id:hirano4649:20181117181235p:image

 

ここにあります。コーカサス三ヶ国のうちの1つで昔から紛争地域でありました。

 

ここ最近は落ち着いてきていますが、昔は真っ赤でした。

 

ヨーロッパって漠然と安全なイメージがありますが、ヨーロッパの近くでも紛争してるんだとジュンイチヒラノにとっては関心のある場所でした。

 

 

そう、

漠然とこの地域は危ないイメージがありました。

 

 

でも、本屋をプラプラ歩いている時に驚愕の本を目にしました。

 

その本がこちら、

f:id:hirano4649:20181117181701j:image

 

読んでないんですけどね、ですけどこの本の表紙を見てから

 

イメージが180度変わりました。

 

良く良く調べてみたら、紛争は一部の地域だけらしいし、町の治安もめっちゃいいらしいのです。

 

 

これは、もう行くしかないなっていうテンションなのでした。

 

 

2018 11 17